tontanusagiの写真でできることまるごと

もっと自由に 写真でもっともっとハッピーに

ヒカリノコバコメルマガ《10月号vol.2》

こんにちは☆
カメラマンじゃない課課長です。

 

【すっかりロスDeath】

しつこいですが、すっかり半沢ロス。
うちのじぃじ曰く、あの清々しさは暴れん坊将軍のようだった。と笑

放送中は「怖い」と言って全く見ていなかった子どもたちも
学校で流行っているのか「このお菓子、おしまいDeath」なんて
取り入れたりして、笑えます。

小学校に入って、一通り流行をキャッチして帰ってくる。

こないだは急に鏡の前でヒップホッパーみたいな動きをしながら
「ミスターパーカージュニア!」とポーズを取ってました。
が、本人はカーディガン着用。

それはパーカー着たときにしなあかんよ。と伝えたら
「パーカーってなんだYO!YO!YO!」と返されました。

・・・ま、楽しそうで何よりです。

 

【お祝いの仕方いろいろ】

いつもなら、七五三のお詣りに遠方のじぃじばぁばもご招待して
久しぶりに大集合でお祝い!
なんて方も多いのですが、今年はご家族でこじんまり。
お祝い膳もご自宅で・・・
そんなお祝い予定されている方が多いように思います。

あぁ、こんなはずじゃなかったのにな。
きっとそう思っているのは大人だけで、
子どもたちはどんなスタイルでも
自分がお祝いされている、愛されている。
その親御さんやじぃじばぁばたちの想いは伝わっているはず!

今年ならではなお祝いの仕方。
迷ったときはお気軽にご相談ください。

 

【こども編集部】

「メディア」というツールを通じて、たくさんの大人と出会い
興味あることを調べ、お仕事やビジネスの流れを学ぶ”こども編集部”

来春の本格的始動を前に、先日一回目のワークショップを行いました。
今回は「取材ワークショップ」
拠点である塩屋にあるお店などを取材させていただきました。
自分で新聞のラフを考え、質問し写真を撮影して新聞に仕上げる。
完成した新聞は十人十色で、とっても面白い。

サポートメンバーの大人たちも勉強になることばかり。

引き続き、編集部員・サポートメンバーを募集中です。
気になる方はこちらをサイトをタップ!
https://www.kids-editor.com/
ワークショップ参加者の皆さんの感想もアップしています!

 

【課長のひとり言】

旅好きなヒカリノコバコ写真事務所スタッフたち。
でも今年はステイホーム、Go To 近場です。

今までは大型連休になると遠出していましたが
海も山もすぐ行ける兵庫。
近場でもめっちゃ楽しいやん!
まだまだ行きたいところ増えるやん!
感動です。

今まで見えてなかっただけで、目を向ければ魅力はたくさん!

自分自身にもまだまだそんな可能性があるんちゃうか。
そう思ってワクワクする秋です。

 

【代表のひとり言】

今週土曜日は稲刈りです。
♪ 日本の米は世界一!MAI!!(打首獄門同好会より)と心の中で歌いながら、今年も頑張ります。

実家は先週稲を刈ったそうで、もう新米が届きました。
(実家は超兼業農家なので、天日干しは何年も前にやめて、機械で乾燥させる技で新米を収穫しています)

 

[発行元]
ヒカリノコバコ*写真事務所
代表 金井智美 -Kanai Tomomi-
予約サイト* https://coubic.com/tontan-photo
LINE*https://lin.ee/BM9ZHoY

☆メルマガバックナンバー☆ https://www.tontanusagi.club/